製作方針


情報の質と量を重視

 訪問者が知りたい情報は、具体的な貴方に関する情報だと思います。”抽象的なイメージ”をサイトで表現しても貴方(の人間性)に共感してくれる人は居ないでしょう。
 私は、まずは私自身が貴方を理解することを目指します。そして、私が理解、共感できた情報をサイトで十分に表現します。
 ページ数の量の多さによりサービス料金を加算することは原則としてありません。

更新することを重視

 お決まりの事項を掲載することは必須です。ただ、それらの情報ですら、時折見直す必要があるものです。
 また、随時提供すべき情報は必ずあるものです。
 私は、”製作して公開したら終わり”という請け方はせず、公開後も引き続き定期的に打ち合わせの機会(定例会)を持ちたいと思っています。
 定例会では、都度の更新や更なるインターネット活用の提案、相談などに応じさせて頂きます。

使い勝手を重視

 サイトの操作性を考慮するのはもちろんですが、情報提供者のみが自己満足するようなサイトにもならない様に、あくまで訪問者の視点でサイト構築、提案を致します。
 場合によっては、貴方のイメージには沿わない部分もあるかもしれません。

サイトは試行錯誤して育てるもの

 家を建てる事と同様にサイトも作ってみてからわかることがあります。家はそうは簡単に建て直せませんが、サイト構築は、何度でも作り直しが可能です。
 私は、試行錯誤を楽しみつつ、貴方に最適なサイトを構築するよう努めます。

デザインへの投資は二の次に

 金銭的に余裕がある場合には、デザインに凝ることも良いと思います。
 ただ、デザインに凝るのは、金銭的に余裕があったとしても、まずは内容を重視して一旦スタートし、その後それなりの結果が現れてからでも良いと思います。